移転しやすい

現在は非常にフットワークの軽さを求められることが多いようで、会社の形態としても、移転しやすいということをメリットに、貸事務所にする所も多いようです。
やはり貸事務所は、最初から事務所を開設するよりも、非常に簡単で、入るのも簡単ですし、出て行くのも簡単です。必要な書類も、相対的に少ないです。

書類が少ないのは、業務としても非常に効率良くできますし、必要なものを挙げていくと、会社謄本、会社印鑑証明、連帯保証人印鑑証明、連帯保証人住民票。たったのこれだけです。
最低限、これだけで契約できますし、あとは何かあるとしたら、物件のオーナーによって独自のルールがあるというところです。なので、非常に移転しやすいのが魅力と言われています。
この流動性の高さは、特に名古屋の栄地区や、丸の内地区に多く、多くの企業が頻繁に出入りをしています。
このフットワークの軽さを実現できるレンタルオフィスは、このようなビジネス街に多く広がっており、今後もこのフットワークの軽さを活かして、移転しやすい会社が多く利用しています。
このような魅力は、今のところレンタルオフィスしか達成していませんし、この魅力は今後とも多くの会社に求められることのようです。