レンタルオフィスという選択

最近のオフィス事情で、変化が訪れています。それは、今までの事務所と違い、「貸事務所」という形態で、コストを低く抑えて仕事をするということ。なので、近年貸事務所のスペースは拡大の一歩をたどっています。
名古屋でも、貸事務所として登録されている所は千件以上にも及び、日々、その数は増加しています。オフィス街には、必ずと言っていいほど、この貸事務所があることが確認できます。

office

コストカットの対象

経費のコストカットが叫ばれている現在、会社の「場所」にかかる経費というのは、コストカットの対象となるようで、より便利で安く、合理的なオフィスに多くの会社が移っています。
その合理的なオフィス形態というのが、貸事務所ということではないでしょうか。事実、名古屋の主要なオフィス街である、伏見や栄、それに丸の内という場所は、レンタルオフィスが非常に多いです。
それは、やはり手軽に始められて、低コストであり、なおかつ移転が安易というところに人気があるようです。

低コストでオフィス

これは、「レンタル」という体系だからこそ可能になるのではないでしょうか。
また、名古屋の伏見や栄などで、低コストでオフィスが立ちあげれるということなので、ベンチャー企業の参入も多く、これからこのオフィスを借りる、というスタイルは活発になっていくことが考えられます。
名古屋の伏見、栄以外の場所である、本郷や千種などのエリアなども、道路の交通の便のよさなどの特色を活かして、さまざまな企業が参入を始めています。